google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |日々雑感
FC2ブログ

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日々雑感
tag : 
渋谷系といわれている音楽は叙事詩。
パンクロックやブルースは叙情詩だ。

吐露した言葉が愚痴っぽくなく、いくつになって聴き返しても心落ち着く音楽の普遍性。文学の普遍性。

四六時中思い悩むと同時に楽器の腕を磨く。溢れる想いをうまくコントロールしながら耳に心地よい音楽であるかどうかを聴き定めることで、彼や彼女の音楽に普遍性が生じるのか。

評論家ならそんなことを考えるのかもしれない。ただただ音楽や文学が好きで、自分の好きな音楽を自分で演奏し歌うこと。そこに誠実であることができるのなら、きっと彼や彼女は1発屋などと呼ばれずに、小さなライブハウスを渡り歩きながら、人々の琴線を鳴らし、豊かな泉を生み出すのだろう。


スポンサーサイト
Category :  日々雑感
tag : 
失われてしまったものの意外な大きさを不意に今夜想う。




リンパに近い喉頭癌であった時点で僕は、安部公房や村上春樹の世界の中に水戸黄門的な何かを求めるという奇蹟を願った。

ゴリケルジャクソンだのネバーランドだの、まるでムツゴロウ王国のような喜劇なのか悲劇なのかわからない当人にとってはギリギリの所にいたマイケルの最期を、これまで他人事として眺めていたのだが、ジャクソンファイブだの、モータウンだのに思いを馳せて、その素晴らしさを思って下の動画を見ていたら無闇矢鱈と悲しくなった。


Michael Jackson I want You Back
Uploaded by oliviafantasy.


キョンキョンや斉藤由貴、そしてノリピーがブラウン管の向こうで前髪揺らしながらニコニコしていた時代に、むっつりとしたニキビ面下げて僕はAMやらFMラジオを聴きながらエアー・チェックして、a-haやバナナラマを聴いたり、ジョージマイケルとジョージハリスンの違いに困惑したりしていた。

まだ多分自我みたいなものが漠然としていて、誰かと一緒は嫌だと思いながらも個性が一体なんなのかなんてさっぱり実感できないまま、なんとなく今思えば大きく影響されていたいろいろな物事の中で、ノリピー、マイケルは意外なほど大きな存在だったのだと感じる。ましてや忌野清志郎はあまりにも、あまりにも大きい。高田渡がこの世にバイバイした時からぼくはずっと妙な違和感を感じていたけれど、忌野清志郎が亡くなったことはいまだに全くよくわからない。

僕は勝手に大きくなったつもりだったのだがある時僕という自我を構成しているのは、家族、友人、学校は当然だが、生まれ育った環境や、何気なく見てきたテレビや、聞き流してきたラジオに依っているのだと思った。

そういった自我の中に存在している重要な基礎部分にあるキョンキョン、おニャン子をはじめとするアイドル達や、ピストルズやラフィンノーズやコブラ、スタークラブといったパンクロックから繋がったブルース、ファンク、モータウン、ソウル、UKロックetc,,,,。

マイケルはただただソウル・ミュージックが好きだったんだ。親父のことは大嫌いだっただろうけれど、やらされていたソウル・ミュージックそのものは身に染み付いていて離れられないし、そもそも馴染んでいたから、(もしかすると諦観に近い感覚だったかもしれないけれど)そのものだったのだろう。そう感じる。

キョーシローがもっていた一切合切の絵の具道具は、母校に寄贈されたってニュースを聞いた時ほど、感動したニュースはなかった。本当に、あの歌は、心の底から、心の全部から、自然とあふれ出た歌だったんだ。

大きくて不細工な首の上の小さなおちょぼ口で僕は、今こそ、世界中が白い目で彼女を見ても、生きていてくれるのなら、彼女のことを応援し続けていたいと思った。


Category :  日々雑感
tag : 
映画が好きになったきっかけをくれたポール・ニューマンがこの世を去った。

十九歳の頃、次々に出てくる新しい映画やビデオを一人暮らしのアパートで、流行に遅れまい、話題について行きたい、いろんな映画知ってるって思われたい、そんな気分でみていた。

コーヒー、オートバイ、お酒、煙草、音楽、映画。そんなことを近所の喫茶店のマスターや常連さんから教わった。マスターが大好きだと言っていた「スティング」を観て初めてぼくは映画ってこんなに面白いんだと感じた。ロバート・レッド・フォードとのコンビ「明日に向って撃て!」もよかった。でもなにしろとにかく「スティング」は最高の映画だった。

最近は脇役としてなにかで見かけてホッとしたばかりだったのに。
大切な心の一部が欠けてしまったような、過去がぷちんと切れてしまったかのような、物凄い喪失感を感じている。

死ぬってことがどういうことなのかわからない。
だからこそ、とりあえず、お祈りすることしかできない。
ありがとう。ポール・ニューマンさん。
ぼくにとってはミスター・シネマでした。
全くもって、悲しい。
いやだめだ悲しいだなんて言っては。死はいつか誰にでも訪れ、生が神々しく現れるのなのであるから、死は神々しく消えるものなのだ。決して失われるものではない。
ポール・ニューマンは永遠にぼくの中でミスター・シネマとして生きている。
だからありがとう。ポール・ニューマンさん。

ご冥福を祈ります。


<訃報>ポール・ニューマンさん死去「明日に向って撃て!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000112-mai-soci

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

Category :  日々雑感
tag : 
ぼくの愛は

そんな単純な言葉でやなんか

伝えられない。

むしろ

ばか!

そう言って欲しい。

あほ! でもいい。

間抜けとかとんまとかあんたわかってないとかって言われたら

凹むけど。



だから

くだらない話をしようよ。

たわいのない冗談で笑おうキディングミー!

あいつのために泣こう

ふたりでたくさんの時間を過ごそう

言葉なんて記号さ。

溢れ出てくる気持ち、

心いっぱい広がっているこの気持ち、

、を、

言葉に閉じ込めないで。



言葉なんて

そばにいて欲しい理由も、一緒にいたい理由も、会いたい理由も、お願いする理由も、心配する理由も、電話する理由も、写真を撮る理由も、泣いたり笑ったり怒ったりいじわるしたりする理由も、

「きみがすきだから」

たった8文字のひらがなで

ぼくの気持ちを、、、



あいつとは違うんだぜ!!!



お願い。

わかってほしいだけなんだ。

きみだけには


http://jp.youtube.com/watch?v=3HSwkMFaHeU


Category :  日々雑感
tag : 
サマソニの面子を見て、奮発して大阪まで出て行って、奮発して丸2日ロック漬けになってやろうか!!

すんげー盛り上がってスケジュール見てがっかりした。いかねーよばーろう。


Coldplay Viva la Vida ( Official Music Video )
Uploaded by smallvillejojo974



Fatboy Slim - Weapon Of Choice
Uploaded by DarKwon



コールドプレイとファットボーイ・スリムが同じ時間じゃねえかよ。しかも、ジーザス&メリー・チェーンまで同じ時間でやっていやがるってどあほう。

PerfumeBoom Boom Satellites、ポールウェラー、カフェ・タクーバetc...

物凄い面子が一同に会するのはいいけれど、ブッキングという大問題がある。特に個人的目玉とも呼べる「coldplay」と「Fatboy slim」が同時だなんてやってらんねー。あー残念。

悔し紛れにPerfumeのライブスケジュールみたら、すごいね。もう武道館でライブできるくらいになっちゃってんだね。


Perfume - Edge
Uploaded by FalteTwo




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。