google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |堕落と禅と音楽

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  想い出
tag : 
▼red hot chili peppers- around the world

http://www.youtube.com/watch?v=1mahkDaRU6Y


疲労困憊、四面楚歌、働けど働けど我が暮らし楽にならず、貧乏暇なし。死にそうなくらいヘトヘトなとき「いっそ死んだつもりになって頑張ってみれば?」なんていうのは正論だけど、「じゃあ死んだつもりで限界以上頑張っていいことあるのか?」とぼくは言い返したい。「死んだつもり」が「死ぬつもり」になったらどうすんだ?

『堕落論』という有名な本がある。坂口安吾という人が書いた本なのだが、タイトルのまま、とにかく堕落しないと駄目だ! ということが理路整然と、ちょっと強引に、論理的に書いてある。大学生なら読むべき一冊の思想書のようなものなのだが、非常にロックだと思う。ライク・ア・ローリング・ストーンだ!


鈴木大拙という、禅を世界中に広めた物凄く有名なカリスマ坊主が晩年に『東洋的思想』という本を書いたのだが、非常に難解な内容で、何回読んでもはっきりと内容がわからない。が、とても偉いことを述べてて「それ身につけられたらいいだろうなー」って思わせる深い思想で満ち溢れている。

とりあえず無心で新しい世界に飛び込んで、もがきながら何か掴むしかないのだ! なんてことが書いてあるような気がする。鈴木大拙のいいところは宗教臭くなくて、禅は宗教というよりも思想であるってな感じなのがいい。

「死ぬつもりで頑張るだなんてアホらし」って諦めた上で、やる。堕落論を読んだり、禅の本を読んだりして、どん底のモチベーションから考える我が身の愚かさを、一歩引いて俯瞰して見られれば、もっと楽に、プライドとか上手に削ぎ落として、いなしながら突破できる。そんな気がする。


オイ・オイ! と拳振り上げ汗だくになり、強烈な一体感とともに直線的に踊り狂うシャム69みたいなパンクも好きだ。

エレファントカシマシの初期や、ZAZEN BOYSみたいに、みんなで大合唱したり一緒にノリノリになるには向いていないが、心地よい妙な浮遊感でみんなが勝手に適当にぶらぶら踊り出すような曲がりくねったひねくれたパンクも好きだ。パンクというか、音楽のありかたそのものにも抵抗し、思想的に創造的でアーティスティックな音楽のような気がする。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/108-62dfbdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。