google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |歌のパワー
FC2ブログ

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  音楽のこと
tag : 
嫌なことが脳裏から離れなくて、本を読んでも音楽を聴いてもテレビを見ても、プチ旅行へ行っても気が晴れなかった。

ぼんやりと深夜の歌番組、ジャパカンことジャパン・カウント・ダウンを見ていたら長谷川潤があるアーティストの音楽ビデオに映っていた。

長谷川潤を、今年、一番美しい女性タレント・ナンバーワンと思っている。

爽健美茶のコマーシャルやら化粧惑星のコマーシャルを見るとなにかいいことがあるような気がする。小学生の頃、ワーゲン・ビートルを見て「ラッキ~!」と言っていたのに似ている。

そんな長谷川潤が出ている音楽ビデオが見たくて、珍しく集中してTVを見ていたらどうやらMINMIというアーティストの音楽ビデオのようだった。


▼MINMI「シャナナ☆」



おそらく、失恋した長谷川潤が、友達にカラオケボックスへ誘われて、MINMIの「シャナナ☆」を熱唱しているうちに元気になって笑顔を取り戻していくという内容なんだろう。

1回目は、長谷川潤最高!
2回目は、やっぱり長谷川潤だね。
3回目あたりから、汗だくで熱くカーニバルに参加しているアーティストMINMIが気になって来た。

Wikiペディアで調べてみるとどうやら、今年の3月に行なわれたカリブ海に浮かぶ国、トリニダード・トバゴの首都で行なわれた世界3大カーニバル中に開催される音楽祭に参加してなんと、MINMIは女性として3位になったらしい。で、6月には妊娠していることを発表したらしい。

そして、どうやらこの「シャナナ☆」のPVに映っている陽気なカーニバル映像が、MINMIが参加したトリニダード・トバゴのカーニバルっぽい。

大阪出身のMINMIと、トリニダード・トバゴのカーニバルと、ハワイ育ちの長谷川潤といった、やたら熱く、それでいて涼しげで陽気で、どこか陰影のあるPVと歌が、今の自分にとっても沁みた。


▼MINMI「サマータイム!!」





何かの本で、笑うということは悪い呪いを祓うといった意味が昔あったと読んだことがある。スペインに征服された中南米の国の陽気さの中に感じる影が好きな理由はきっと、その辺にあると思っている。バカみたいな陽気さの奥に隠しきれていない影を、ぼくは中南米に感じている。

長谷川潤のような熱い海と高い波が押し寄せる常夏の島を連想させる美女がぼくは好きだ。美貌はやがて衰えるだろう。でも常夏の島で涼しげに美しく笑う美女は、きっと永遠に年相応に美しいのだろう。それは一種の才能で、見ているだけで自分の不幸や不運を吹き飛ばす力を与えてくれる。

阿久悠さんが亡くなって、追悼番組でその素晴らしい名曲が最近よくTVで流れてくる。20年ほど前までTVで流れていた歌心と情緒溢れる日本の歌謡曲だ。


▼石川さゆり「津軽海峡・冬景色」(作詞:阿久悠/作曲:三木たかし)




▼沢田研二「勝手にしやがれ」(作詞:阿久悠/作曲:大野克夫/編曲:船山基紀)





偉大な作家が歌心溢れる歌を作り、皆が心動かした。そして影響されるほどに言葉は使い古され、メロディーには限界が感じられるようになった。だけど今、ミクスチャー音楽やらワールドミュージックといった電子音楽で、邦楽は再び歌に心を取り戻し、ポップスなどといったカタカナではなく、音楽として甦ることができるのかもしれない。



レゲエ、R&B、ヒップホップから叩き上げられて育って遂には世界三大カーニバルの音楽祭にまで参加し、3位になったMINMIの「シャナナ☆」を聴きながら、とりとめもないことを思いながら、妙に気が晴れた。

▼MINMI「Are Yu Ready」

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/132-bbf2dda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。