google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |デキル人
FC2ブログ

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  想い出
tag : 
リフレッシュして生まれかわったような気分で職場へ行くと

 もしかしたら重大な過失責任を追及されたりしないだろうか・・・
 先週からのやり残しが本当になかったか?!

などと、忘れていた想い出をフラッシュバックさせながら、「ここ最近は心当たりがないから大丈夫!」という気持ちと「ここ最近ないからこそ危ない!」という気持ちの間で無闇に動揺し、大荒れの海原で揺られる小舟に乗った気分になる。

こんな日は、早々と帰宅するに限る。

いない人の責任追及はできない。第一仕事というのは、なんだかよくわからない理由で振られてくるものだ。不思議なことに、断固として断れないシステムでもある。だがなぜか、自分がいなくたって不思議と仕事は回る。誰かがなんとかしてくれるのだ。

逆にそういう迷惑な人がいると周りはなんとかするために東奔西走するはめになる。だがそういう人は意外とクビにならないどころか、えらい人から重宝されていたりする。なぜか。

迷惑な人の波を被っている人を、ちょっとした親切心によって助けると、迷惑な人そのものをも助けなければならなくなる。迷惑なことにちょっとした親切心は、後から後から芋ずる的に奉仕的精神にのっとった仕事を生み出す。

こちらの奉仕的精神が既に枯れ果て困窮してしまったとしても、当初自ら進んで申し出たものだから、中途半端に済ませると「無責任だ」「いい加減だ」「そんな人とは思わなかった」とチャンス到来とばかりに蔑まれる。僕大暴落。「ボランティアじゃねぇんだぞ!」と言いたいのはこちらのほうだ。

ちょっとした親切心は結果的に自分を下げる。そういった結果に陥ったことの多いことといったらない。

帰納法的に、今どうすれば自分と周囲にとって望ましい結果の状態が維持されるのかを考えると、基本的に「ちょっとした気まぐれな親切心」は赤の他人に発作的にするべきものである。そして、ちょっとした顔見知り程度の人に親切心を発動すると、とんでもないことに巻き込まれるものである。

デキル人というのは見て見ぬ振りがデキル人のことなのだ。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/167-c9721dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。