google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |安室奈美恵ってどうよ?

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  音楽のこと
tag : 
安室奈美恵が2009年12月16日に久しぶりのスタジオ・フル・アルバム「PAST<FUTURE」をリリースした。今(2009年12月29日未明)amazonで見たところ、音楽カテゴリーで4位、女性アーティスト部門で1位、ダンス部門でも1位と、やはりヒットしているらしい。

だが、ちーっともテレビでみないではないか。コマーシャルでは見る。コカコーラだのビダルサスーンだのマクドナルドだの、超一流の世界企業のコマーシャルで見る。ちなみにビダルサスーンに違和感を覚えたのでちょっと調べてみたら、正式には「ヴィダルサスーン」らしい。下唇を上の歯で噛みながら「ヴィ」って発音しなきゃいかんらしい。

約2年半振りのアルバムリリースなのに、なんとアルバム先行シングルも先行配信シングルもなく、Mステの「スペシャル スーパーライブ2009」にも出演していなかった。おそらくMUSIC JAPANやCDTV、うたばん、HEY×3 あたりにも全部平等に出演していないのだろう。

な☆ぜ☆だ!

売れている理由は、そこそこクオリティーの高いイマドキのダンスチューンを裏方さんが上手に作っているから、アムラーの子孫達が相変わらずがっちり支えているのだろう。数年前まではSMAPもそんな感じでがっちり堅い人気があったし、実際音楽も素晴らしいものだった。でもSMAPは消費されるとか出過ぎだとか三十路アイドルだとか言われたって関係ねぇ~って感じでSOFT BANKのCMなんかではじけちゃってる。

安室奈美恵は浜田省吾になろうとしているのだろうか。

SMAPのようにテレビに出演しまくって、ああだこうだと批評されて消費されるのを恐れ「子どもがかわいいから♡」などという理由で、ばっちりメイク(もしかしたらCG処理も?)で超一流世界的企業のコマーシャルしか出ない。そして1年に1枚、ベストだかライブだかスタジオだかのアルバムを発表してファンをきっちりつかんでおく。なにかしらリリースすれば確実に数十万枚は売れる仕組みだ。例えば、浜田省吾ならとりあえずCDでも雑誌でも5万は堅いとか、コンサートもとりあえずホールはばっちり埋まるみたいな。潜在的なファンなんてもう狙っちゃいないのだ。聞きたい人だけ聞いてくれってのは、ある意味殿様商売だもん。

安室はまだ若いしポップスだしダンスチューンだけど、携帯配信みたいなチャライことは一切せず、風邪をひいたら非常に言い難い不思議な語感のヴィダルサスーンだとかのCMだけで歌声と笑顔を振りまいていればいいのか。

俺そんなんじゃ納得いかね~な。とどめはこのPV(プロモーション・ビデオ)である。

 安室奈美恵「Dr.」





松本零士は槙原に噛み付いている暇があったら安室に噛み付け。こっちのほうがよっぽどエゲツナイと感じるのは俺だけなのかい。interstella 5555の雰囲気そっくりじゃないか。「Dr.」はそもそも銀河鉄道999の車掌を白くした感じじゃん。
 参考:interstella 5555
 http://www.bacfilms.com/site/interstella/

安室奈美恵はポップであり、ダンスミュージックの女神みたいな人だと認識している。なのに、TVにはCMしかでない。プロモーションビデオはあっちこっちのアニメをくっつけたような内容だったり、アルバムの中からいくつかPVを作った曲のほとんどはタイアップ広告がガッツリ決まっているというのは、一体なんのために歌を歌い、踊っているのか。

ま、とりあえずは生活のためであることは間違いない。でもさ、ポップスの歌い手は街をにぎやかに彩ってくれてなんぼなんじゃないの? それをヴィダルサスーンだのコカコーラだのマクドナルドだのと、黒船のような高い所から3Dちっくな感じで演出されてばかりでは、嫌みであることはなはだしい。

おそらく前作のスタジオ・フル・アルバム「PLAY(DVD付)」が予想していたように売れなかったので、方向転換したのだろう。結構売れていたんじゃないかと思うんだけど、でもきっとレコード会社はもっともっと儲けたかったに違いない。そこで、最近流行の「飢餓感」である。

だがそれはポップスの歌い手がするようなことではないような気がする。フラグシップ的な歌姫の歌を、広告まみれにしていたら、その他大勢のポップスの歌姫はなにを寄辺にすればいいのか。ポップスっていうのは、その当時の時代や流行の最先端を切り開き、楽しくどんちゃん騒ぎするために、最先端の作詞家や作曲家が、最高の歌姫に相応しい楽曲を託し、そこからまた新たな時代が生まれ来る。それこそがポップスであり、ロックだと思う。だけど、商売前提に歌姫に歌とダンスを託したらいかんだろ。

だいぶ酔っぱらってきたのでまとめると、つまり、どうでもいいから、
テレビで楽しそうに歌い踊る安室ちゃんが見たいです。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/175-72bdd0f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。