google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |炎の中から眺められるか。
FC2ブログ

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日々雑感
tag : 
シャツがない。大切な時にだけ着る、いわゆる勝負服でありかつ、気に入っていたシャツがない。以前着た後、クリーニングに出そうと思いながら、出しっぱなしにしていたのだが、実際にクリーニングに出したのか、とりあえず洗濯だけしてみたのか、とりあえずクリーニングに出そうとなんらかのカバンだか袋だかに入れたのか、さっぱり記憶がない。

いや、正直に言うと、ぼくの中の記憶では、出しっぱなしにしておいたはずだ。下手に動かすと、上記のようになくして慌てふためくことが目に見えていたから動かさずに出しっぱなしにしておいたはずなのであるが、ない。

さほど広くもない家の中にも、車の中にも、ない。かといって、クリーニングにはかなりの確立で出していない。


とても苛々する。放っておけばやがて出てくるのかもしれない。そんなにカリカリする問題ではないのかもしれないが、こめかみの辺りがヒクヒクするほどムカムカする。

ふと、そんな苛々の絶頂にある自分を客観的に俯瞰して見てみたいという考えがよぎる。だが、カリカリしているぼくは、そんなことを思ったぼく自身にも腹が立った。なにしろ、なくなっているシャツは1枚ではなく、2枚なのである。超勝負服と、無難な勝負服が、共にないのである。
これでは冠婚葬祭に行けないばかりか、コンパにも行けない。

できることなら今の自分の感情を維持しながら冷静に自分自身を分析してみたいのだが、どうしてもできない。冷静に分析しようとすれば、シャツなんかまた買えばいいことのような気もするし、大した問題ではないような気もしてくる。そうして冷静になったところを俯瞰して見ることは本意ではない。ぼくはぼく自身が何かについて物凄くムカついている状態を、冷静に分析してみたいのである。目的は自分でもよくわからないのだが、なんとなく、今後誰かや何かに対してムカついた時、役に立つのではないかと思われるからだ。


怒りの原因や対処法は、原因を除去するしかないのだろうか。つまり今回の場合はとことん探してなかったら諦めて、至急シャツを2枚あつらえるしかない。やがてなくしたはずの2枚が出てきたら、それらは普段着に降格され、普段着のぼくはこれまでよりちょっとだけお洒落さんになる。その時ぼくは「災い転じて福と成す」と呟いたりするのかもしれない。が、今はそんな考えは、苛々の炎に油を注ぐようなものでしかない。


2枚のシャツの管理はぼく自身がしていたわけだから、激怒している今のぼくは過去のぼくに激怒している訳であり、過去だろうが今だろうがぼくはぼくである訳だから、自分の責任だから怒りのやり処は自分でしかなく、それはつまり、自分自身に罵詈雑言を浴びせるか、許してやるかしかないのだ。ここで、母のせいにしてみたり、恋人のせいにしてみたり、他人を疑ってしまうことほど自分を卑しめることはないのだが、もし、ぼくではない誰かがぼくのシャツを勝手に片付けていたのだとしたらきっと今のぼくはその人にいやみのひとつでも言ってやるだろうし、ひょんなことで大喧嘩に発展してしまうのかもしれない。


シャツは自分のせいでなくしてしまったのなら我慢するしかないのに、他人がどこかへやった場合は何らかの文句を吐くのか、ぼくは。

苛々やムカムカは、例え誰かのせいだとしても、我慢するってのが筋のようだ。
性善説を信じたいのなら。




▼こんくらいのビッグウェ~ブでもクールでありたいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。