google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |エレクトリック・エネルギー

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  日々雑感
tag : 
テレビでは、北朝鮮と阿部政権の支持率ばかりをしているが、どうも最近原子力発電所がらみで大きなニュースが続いている。ヤフーでも原子力というカテゴリーが作られ、自然科学系のカテゴリーでは新しい記事が多いカテゴリーのひとつとなっている。


マスメディアがあてにならないとなれば自らネットでwikiペディアを使ったり、google検索、mixiのコミュニティーなどであれこれ調べるしかない。だがどこもかしこも難しくてわけがわからない。軽水炉、プルサーマル、高速増殖炉、核廃棄物、ウラン、プルサーマル、MOX燃料など、聞いたことはあるけれどそれが一体何のことか掴めない。昔は覚えていたはずなんだが、同位体って基本的な用語すら理解できなかった。

結局、従来型の原発と、プルサーマルと、高速増殖炉の違いがよくわからなかった。再処理工場=プルサーマル方式なのか、再処理工場=プルサーマル&高速増殖炉のような感じがしたのだが、多分どちらとも違う。

わかったことというか、再認識したことは、3つの原発では全て、相変わらず簡単には捨てられない放射能廃棄物を出すということ。それは酷く長い間、生物の細胞の核にある染色体を傷つけて遺伝子に何らかの影響を与えるものであるとか、白血病やガンを誘発するものであるという既に知っている、半永久的なゴミ。

今、あちこちでプルサーマル誘致が盛んに取りざたされ、同時に反対運動も巻き起こっている。でも、20年くらい前に全国で大量に出来た原子力発電所のゴミは、既にたまりまくってえらいことになっている。どこかで処理しなければ、次から次に、核廃棄物は日本国内に蓄積されてしまう。
だからどこかで核廃棄物を少しでも減らせるような再処理工場が必要なんだ。ただし、プルサーマルが本当に安全なのかどうかがわからない。高速増殖炉は明らかに危険で、世界でもそれは頓挫しているやり方であると、日本でも「もんじゅ」が身をもって教えてくれた。

そもそも20年位前に出来た大量の原子力発電所が問題なのであり、原発行政が行き当たりばったりだったことが原因なのである。それは原発行政というよりも、環境行政だ。なぜならことの発端は、日本人がエネルギーを使い過ぎているということにあるからだ。石油が少ないだとか、地球温暖化を理由に、電気はクリーンなイメージを貼られているが、全然クリーンなエネルギーではない。渓谷を丸ごと潰すダムで水力、化石燃料で火力、放射能物質のウランで原子力なのだから。

そして原子力発電所がなぜ全国で数十カ所もできたのかといえば、産業がない過疎のせいである。1機できてしまえば「オラが村にも」と、次から次に仕事と融資が舞い降りて村も活性化して孫も帰ってくる。あげく、核廃棄物である。生まれてきた子供達がそんな郷土に誇りがもてるのだろうか。

一方で、プルサーマルの反対運動をしている人にも、別の案がないように思われる。電気を電力会社から得られず、電気を大量に使う工場で生まれた製品を使わずに、生活はもう成り立たないのだから。

もし、日本国中の建物という建物の屋根に太陽光発電ができて、山に巨大な風車のような風を高圧線の隙間に立て並べることが可能だとしても、一体どれだけの電力が生まれ、どんな影響を環境に及ぼし、実際、使ったエネルギーを補填できるだけのメリットがあるとは原段階では難しいと感じる。

正論を振りかざし、現実的な問題に反対することは簡単だが、現実に起こっている問題を、根本的に解決する方法がなければ、問題は永遠に解決できないのだ。

ぼくは、日本が作った核廃棄物を、外国に押し付けることだけはしてほしくないと願う。
そして、100円ショップやコンビニがなくなったとしても、エネルギーを浪費しない社会でつつましく愛を育めるような社会へと向かうための努力がしたい。

▼話題の原発映画 六ヶ所村ラプソディー予告編

一人一人が電気やガソリンやガス等のエネルギーや資源についてもっと沢山の知識をしり、地球全体の環境の中にいる自分というものを認識し、環境倫理のもとで暮らしていくしか方法は残されていない。要は、ケチ臭く生きなければ近い将来、ぼくたちみんな滅んじゃうよってことだ。




コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/52-55464a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MOX燃料について

MOX燃料MOX燃料(モックスねんりょう)とは混合酸化物燃料の略称であり、使用済み燃料中に含まれるプルトニウムを再処理工場|再処理により取り出し、プルトニウム酸化物(PuO2)とウラン酸化物(UO2)とを混ぜたものを言う。MOXとは(Mixed OXide)の頭文字を採ったものであ 燃料関連説明ETC2007/03/11 19:27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。