google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |ファットボーイ・スリム

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  音楽のこと
tag : 
「ふざけた野郎」
そんな言葉がぴったりなあまのじゃくさ。だいたい名前からしてファットボーイ・スリムである。

普通なら「そうきたら、こうだな」なんてセオリーを爽快に裏切る。だからこのアルバムを初めて聴いたときは「ひぇ~、そうきたか~! うぅ、今度はそうくるのか!」と、裏切られる快感の連続がたまらなかった。

ヒップホップなどでは、過去のレコードを継ぎはぎして繋げて、そこにまたテクノの手法を加味する。そうすることで、ダンスミュージックのような、パンクロックのような、これまで聞いたことのなかったノリノリのサウンドができて、それは物凄くリスナーをワクワクさせたり、ドキドキさせる、楽しくてハッピーな音楽。(仰々しくて荘厳で重かったり、ひたすら繰り返す(ループする)ことで狂気を覚えさせられるものもあるけれど。)

「どこかで聴いたことがある」

そんなこと絶対に言わせない。PV(ミュージックビデオ)でも「どこかで見たことがある」なんて絶対言わせないやり方が発揮されている。(PVはわけわからん過ぎてぼくにはあんまりピンとこないんだけど・・・。)

▼Praise You - Fatboy Slim

http://www.youtube.com/watch?v=4ULVQOneeZE
ロングウェイ・ベイビー!! ロングウェイ・ベイビー!!
ファットボーイ・スリム (1998/12/23)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る



セオリーをぶち壊すためには当然、元々のセオリーが必要なんだが、ファットボーイ・スリムは派手にセオリーをぶっ壊してしまったために、彼自身がセオリーとなってしまい、次に壊すべきものが自分自身のセオリーとなってしまった。ほとぼりが冷めて、どこかの誰かさん達がこれからセオリーを構築し、完成するのを待つべき時期なのかもしれない。


コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/83-d2488691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。