google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |テクノ(テクノロジー)

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  音楽のこと
tag : 
フランス、ドイツではロックよりテクノがずっと流行っていた。ギターを使う限り、ギターの枠から出ることは出来ない。だけどコンピューターには枠がない。それが次第に世界的に広まって、少し前にテクノが最も熱い時代が訪れていた。

まったくのゼロから、自由に音が作り出せる。

フランス人がアフリカの民謡みたいな歌をテクノにするとこうなって、世界に広がって、スピリチュアルだとかヒーリングだとかいろんなこと言われながら大流行した。つい最近のような気もするけど、もう結構前のアルバムだった。
▼Deep Forest - Madazulu

http://www.youtube.com/watch?v=ALmIGafK388
ワールド・ミックス ワールド・ミックス
ディープ・フォレスト (1994/11/21)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


下のは、テクノのアルバムのくせに、発売当初はCCCDだった。サンプリングとか音源とかどっからか持ってきたりすることこそテクノ。テクノのくせにCCCDという、オーディオ機器に悪影響を及ぼすCDで作った、レコード会社と、それを容認したケミカルをぼくはだいぶ嫌いになった。でも買った。だって買わないと聴けなかったから。今思い返しても本当にCCCDという流行は音楽を駄目にしたなって思う。CCCDなのにiTunesには取り込めてたし。(時々失敗するけど、何回かすればちゃんと入る。)アホか。

▼The Chemical Brothers- Galvanize

http://www.youtube.com/watch?v=H2hzVV2Nwfs
(ケミカル・ブラザーズのPush The Buttonの1曲目。テレビでよく流れてる)
Push the Button Push the Button
The Chemical Brothers (2005/01/25)
Astralwerks

この商品の詳細を見る


CCCDのせいだったり、あれこれやり尽くして出し尽くした感もあり、最近はエモーショナルなテクノにぼくは出会ってない。

ともあれ、なんにもない部屋で、コンピューター機器ばかりがぽつんとあるスタジオで作られる音楽は孤独だ。だからこそ、ミュージシャンがより自由に、アーティスティックに音楽が作り出せるのだとも考えられる。

▼Sussie 4---On time

http://www.youtube.com/watch?v=LVqqblJVtDk
これメキシコの『Música Moderna』ってアルバムで、アーティストは『Sussie 4』で曲名は『on time』。以前メキシコのMTVを見ていた時、コマーシャルに入るときとかにちらっと流れててどうしても欲しくなって買って帰った。amazon.comでも売ってるのかどーも怪しいので商品ここに貼ってません。なんとなく、Towerならあるかも。

テクノの手法を取り入得たレディオヘッドも今年は新しいアルバムを出しそうな雰囲気だし。出なそうな雰囲気もあるけど、、。

Jazz系のテクノっぽいのが最近いい感じだし、またきっと素敵な音楽に出逢える。



コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/87-a8e928ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。