google-site-verification: google039a45cabac89534.html ロックのろ |アラニス・モリセットがYouTubeで新曲発表

ロックのろ

音楽バカが適当に綴る雑感ブログ。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  音楽のこと
tag : 
アラニス・モリセットが新曲を発表した。なんと、YouTubeでPV視聴を4月2日に開始したその日のうちに、瞬く間に2万ヒット! ぼくが気づいた4月4日の午前1時(4月3日の深夜1時)には926,862件も視聴されてた。(参考:wikiペディア

▼Alanis Morissette "My Humps" video

http://www.youtube.com/watch?v=W91sqAs-_-g
この曲は、ブラック・アイド・ピーズ( The Black Eyed Peas) のアルバム『Monkey Business』に収録されている『My Humps』のカバー。


Monkey Business Monkey Business
Black Eyed Peas (2005/06/07)
Am

この商品の詳細を見る

▼My Humps - Black Eyed Peas

http://www.youtube.com/watch?v=ODN3lrirXOY
歌詞はこちら。


全然違う、似ても似つかない曲となっている。ブラック・アイド・ピーズ大好きで、この曲当然知っていたのに、アラニスの曲聴いても全然わからなかった。英語だし。



ブラック・アイド・ピーズはエレファンク(Elephunk)というアルバムで一気に世界的スターになったHIPHOPグループ。『Where is The Love』とか『Let's Get it Started(Let's Get Retarded)』はきっとどこかで聴いたことがあると思う。



black eyed paes - ipod commercial 
    
iMac G5 commercial▲

『Let's Get it Started』は2年ほど前、iPod miniが爆発的に売れていた頃、AppleのCMソングで流れてた。iPodはムービーが出る前のiPod photoで、iPodシャッフルも白い首下げのが発売された頃だった。



『エレファンク』はファーギー(Fergie)という美女が加入して最初に作ったアルバムで、加入したらいきなり世界的大ヒット! その後もファーギーを使ってリスナーの下半身を刺激しながら愛についての曲をよくやる。こないだソロでファーギーがなんかやってたけど、ブラック・アイド・ピーズと何が違うのかちっとも理解できなかった。(姫だからヨシ!)


ブラック・アイド・ピーズの曲は、強いメッセージ性の高い歌詞を、甘くてポップで時に欲情させるようなメロディーでポップに仕立て上げることで、とても聞きやすく、踊りやすいものが多い。

アレステッド・ディベロプメントとか、ノー・ダウトの要素もあるなぁとかいろいろ思いながらぼくは虜になった。


Let's Get It Started - Black Eyed Peas
    
Where Is The Love - Black Eyed Peas▲

Elephunk Elephunk
Black Eyed Peas (2004/05/26)
A&M/Will.I.Am

この商品の詳細を見る





で、アラニス・モリセットのこの新曲、重い。めちゃくちゃ真剣に愛を歌ってる。

「どーせHしたいだけなんでしょ?」

歌詞もちょっと変化させて、直球勝負仕様になっている。



アラニスってこんなにヘビィじゃなくて、もっと楽しい曲をどうして歌わないんだろう。デビュー当初はポップで元気一杯ソウルフルで、聴いていると裏声の向こうにはバックパックへの扉が開いているような気分になった。

「イッツ・アメイジング!」とか
「イッツ・ファンタスティック!」って、
大きなジェスチャーで見ず知らずの人に話しかけたくなるような音楽だったのに。


Alanis Morissette - Hand In My Pocket 


Alanis Morissette - Ironic

Jagged Little Pill Jagged Little Pill
Alanis Morissette (1995/06/13)
Maverick/Reprise

この商品の詳細を見る



アラニスといえばこの辺りが一番有名。世界中の、人々の心には、アラニス・モリセットの1曲ごとに、いろいろな想い出が詰まっているのではないだろうか。特に『Ironic』は、50秒くらい待つと、みんなが必ず知ってるサビに辿り着く。


この『ジャグド・リトル・ピル』というアルバムは、10年ほど前ちょうどオープンカフェが流行り始めた頃、西荻の小さなカフェで延々流れてた。その店の前を歩いて通勤しているうちに会社を辞めたい気持ちが高まって、この曲を聴きながら西荻の小さなカフェで、いろいろ計画を練り、遂に会社を辞めてタイやカンボジアへ旅行へ行ったことを思い出す。



アラニスにはみんないろいろな懐かしい想い出があるから、新曲が出るたびにワクワク期待する。だからきっとこうやって、いつもみんながなんとなく気にしているんだと思う。



Ironicの歌詞
は、英語だし、なんとなくしかわからないけど、すごくいい詩だった。知らなかった。

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://aquio.blog87.fc2.com/tb.php/96-70a1ba46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。